小児矯正をやめるとどうなる?

TOPICS トピックス

小児矯正をやめるとどうなる?

こんにちは☺

四つ橋線なんば駅から徒歩6分、JR大和路線「難波駅」から徒歩2分の場所にある歯医者、なんばエッセ歯科・小児歯科クリニックです。 小児矯正では、子ども自身が装置を嫌がるなどの理由で、途中で矯正をやめることを検討するケースも少なくありません(‘_’)
小児矯正を途中でやめた場合に考えられる影響についてご紹介いたします 。


◆不正咬合の歯列に戻ってしまう 子どもの矯正は受け口や開咬・出っ歯などの不正咬合を改善するためにおこなう場合がほとんどです。 矯正を途中でやめると歯並びの改善が止まってしまうイメージがありますが、それだけにはとどまりません。 元の不正咬合の歯列に戻ってしまう可能性が高いのです。

◆噛み合わせに問題が起こる 矯正中は歯を正しい位置に動かしている途中なので、その途中で治療をやめると一時的に歯の噛み合わせが悪くなることが考えられます。 場合によっては元の状態よりも噛み合わせが悪くなり、顎関節症を発症する原因にもなります。

◆口腔内の環境が悪化する 矯正中は装置が原因で汚れが溜まりやすいため、通院のたびに歯科衛生士によるクリーニングを受けます。 途中で矯正をやめてしまうとクリーニングを受ける機会がなくなり、虫歯や歯周病などのトラブルを引き起こす可能性が出てきてしまうのです。

◆矯正を再開するときは一からのスタートになる 途中でやめた矯正治療を成長してから再開する場合は、一からのスタートになります。途中まで矯正をしていたとしても、治療をやめてからは後戻りが起きているはずです。 治療にかかる期間も費用も最初から矯正する場合と変わらないので注意してください。 以上、小児矯正を途中でやめた場合の影響についてご紹介しました。 治療を途中でやめることにはさまざまなデメリットがあるので、最後までしっかり続ける意思が必要です。 矯正中に不安なことがあれば、早い段階で歯科医師に相談しましょう。 当院の小児矯正では、歯並びを整えるだけでなく、正しい舌の位置や呼吸の仕方、姿勢などの改善も行うことで、根本的な原因を解消します。 そのため、矯正終了後に後戻りをする心配がほとんどありません。
小児矯正をお考えの方は、ぜひ一度難波にあるなんばエッセ歯科・小児歯科クリニックへご来院ください。

#難波 歯医者 #難波 歯科 #難波 インプラント #難波 審美歯科 #難波 美容歯科 #なんば 歯医者 #なんば 歯科 #なんば インプラント #なんば 審美歯科 #なんば 美容歯科 #湊町 歯医者 #湊町 歯科 #湊町 インプラント #湊町 審美歯科 #湊町 美容歯科 #なんば駅 美容歯科

 

小児矯正について詳しくはこちら

監修者情報

監修者情報

院長新原 拓也

Takuya Shinhara

当院では、できるだけご自身の歯を大切にする予防診療をベースに一般的な保険診療、セラミック等を用いた審美治療、小児歯科、矯正、インプラント等、幅広く包括的な治療を行って参ります。現在私は二児の子育て中でありますが、美しい歯並びを獲得するには幼少期からの食育や筋機能療法が有効であると強く感じております。