TOPICS トピックス


Warning: Undefined array key 0 in /home/users/web99/2/6/0292962/www.nedc.jp/wp-content/themes/res/single.php on line 5

Warning: Attempt to read property "name" on null in /home/users/web99/2/6/0292962/www.nedc.jp/wp-content/themes/res/single.php on line 5

妊娠中の受診について

妊娠初期
01
妊娠してから4ヵ月までの初期の段階では、母体・胎児ともに不安定な時期です。レントゲンやお薬の使用には注意が必要です。大きな治療にも向いていない時期のため、体調がすぐれない場合は無理に受診せずに、体調の良い時にクリーニングなど簡単なケアを行うことをおすすめします。
妊娠初期
妊娠中期
(安定期)
02
妊娠してから5~7ヵ月の間は安定期と呼ばれ、妊娠中でもむし歯や歯周病などの治療をしやすい時期です。ただし、安定期といっても、長い期間がかかる治療や、インプラントなど出血が伴う治療は身体への影響を考慮して基本的には行いません。この後、体調の変化も起きやすくなりますので可能な限りこの時期に治療をしておくようにしましょう。
妊娠中期(安定期)
妊娠後期
03
妊娠してから8ヵ月以降の妊娠後期に入ると胎児の成長とともにお腹が大きくなります。長い時間仰向けになることが難しくなります。治療中に仰向けになることで臓器や静脈が圧迫されることも考えられますので、長時間の治療は行わないようにしています。
妊娠後期

監修者情報

監修者情報

院長新原 拓也

Takuya Shinhara

当院では、できるだけご自身の歯を大切にする予防診療をベースに一般的な保険診療、セラミック等を用いた審美治療、小児歯科、矯正、インプラント等、幅広く包括的な治療を行って参ります。現在私は二児の子育て中でありますが、美しい歯並びを獲得するには幼少期からの食育や筋機能療法が有効であると強く感じております。