TOPICS トピックス

入れ歯安定剤を長期間使用するリスク

こんにちは☺️

JR大和路線「難波駅」から徒歩2分・四つ橋線「なんば駅」から徒歩6分の場所にある歯医者、
なんばエッセ歯科歯科クリニックです。


入れ歯を使用している方の中には、入れ歯を安定させるために入れ歯安定剤を使われている方も多いと思います。


ただ、入れ歯安定剤を長期間使用することで生じるリスクがあります。



今回は、入れ歯安定剤を長期間使用するリスクについて、一部をピックアップしてご紹介いたします。



​​《入れ歯安定剤を長期間使用するリスク》


◎虫歯や歯周病のリスクが高まる 入れ歯安定剤は粘着性が高いため、清掃を怠ると口内に入れ歯安定剤が残ってしまう場合があります。入れ歯安定剤が口内に残ったままだと、その部分に汚れが付着しやすくなり、そこから細菌が繁殖して虫歯や歯周病のリスクが高まってしまいます。



◎噛み合わせがずれてしまう可能性がある 入れ歯安定剤の種類によっては、使用時にどうしても厚みが出てきてしまうものがあります。そうすると、適切な噛み合わせにならず、噛み合わせのバランスがどんどん悪くなってしまいます。噛み合わせがずれた状態で入れ歯を使い続けると、顎関節症を引き起こしたり、頭痛や肩こりを引き起こしたりする可能性が高まってしまうため注意が必要です。



◎アレルギーを引き起こす可能性がある 入れ歯安定剤を長期間使用し続けると、入れ歯安定剤に含まれる化学物質が原因で、アレルギーを引き起こしてしまう可能性があります。 口内に違和感を覚えた際には、すぐに入れ歯安定剤の使用を止め、歯科医師に相談しましょう。




以上、今回は入れ歯安定剤を長期間使用するリスクについて、一部をピックアップしてご紹介いたしました。 健康な歯を少しでも長く守るためにも、入れ歯安定剤の用法・用量をしっかりと守り、正しく使用するようにしましょう。



当院では、患者様一人ひとりのお口の状態やご希望に合わせた入れ歯を提供できるように様々な種類の入れ歯をご用意しております。入れ歯に関することでお悩みの方は、JR大和路線「難波駅」から徒歩2分・「なんば駅」から徒歩6分の場所にある歯科医院「なんばエッセ歯科・小児歯科クリニック」までお気軽にお問合せくださいませ。

監修者情報

監修者情報

院長新原 拓也

Takuya Shinhara

当院では、できるだけご自身の歯を大切にする予防診療をベースに一般的な保険診療、セラミック等を用いた審美治療、小児歯科、矯正、インプラント等、幅広く包括的な治療を行って参ります。現在私は二児の子育て中でありますが、美しい歯並びを獲得するには幼少期からの食育や筋機能療法が有効であると強く感じております。